表紙画像

風をつかまえた少年 :14歳だったぼくはたったひとりで風力発電をつくった

ウィリアム・カムクワンバ&ブライアン・ミーラー著 田口俊樹訳 池上彰解説
文藝春秋 2010 年 中学生から

マラウイを襲った干ばつのせいで食べていくのもやっととなり、学費が払えず、中学校を中退したウィリアム。小学校の図書室にあった物理の教科書と風力発電の本をたよりに、廃物を利用しながら、自力で風力発電機を作り出す。それが新聞で紹介され、多くの人の協力で中学、高校と進学し、国際的に注目され、急激に生活が変わっていった様を自ら記したノンフィクション。前半はマラウイの農村部の毎日や、干ばつで疲弊していく人々の様子、政治の無策、迷信、魔物などが跋扈する暮らしなどが描かれ、現代アフリカの実情とそのなかで懸命に暮らしている人々の様子を知ることができる。文春文庫版もあり。